Love the Moment

日原いずみ

せき健一郎 応援


f:id:hihararara:20211026222241j:plain

f:id:hihararara:20211026222254j:plain

f:id:hihararara:20211026222309j:plain

f:id:hihararara:20211026222340j:plain

f:id:hihararara:20211026222350j:plain


限られた選挙期間、前へ前へと進んでいるせき健一郎陣営ですが、24日の決起集会について。

関くんの希望で無理な動員はせず、来たい方が集まった和やかな会でした。
写真は、関くんを応援し続けている地域後援会会長の白井さん。
不器用ながらも正直な熱い気持ちに感動しました。正義感にあふれたピュアで稀有な存在✨
天野くん、鈴木さんの生の歌と演奏は叶わなかったけど、お二人のスピーチも良かったです。
そして、関くんの演説。
この何年間か、さまざまな場面での関くんの演説を見てきたけど(時には一緒に壇上に上がりw)、感動したし、うまくなったなあ~とも思いました。
何年ぶりかに再会した方々もちらほらで、声をかけてきてくれたしょう子ちゃん💕や、親密にやり取りしながらも初めての対面だったみっこちゃんたちと💕(あゆみちゃん、ありがとう~)
5枚目は関くんの投稿写真より。
以下、私なりに感じ取っていることへの真面目な内容です。
投票日までに、一度しっかり書きたいと思っていたので、私独自の考察として読んでください。
***********
今回、関くんの所属政党の立憲民主党への疑問を、特に男性陣から複数いただいています(私宛に)。
お気持ちよくわかります。みなさまの思いと私も同感です。
個人的な話を書かせてもらいます。
私が初めて総選挙にしっかり関わった2,012年、応援した近藤剛さんは民主党を離れていて、出馬の際に維新を選択しました。
自民党以外から政党を選んで出馬する場合、悩む人が多いし、いざ選んだ政党が、選挙直前に合併などして(剛さんの時は「たちあがれ日本」→「太陽の党」の思いがけないジジイたち)、剛さんは本音で脱原発の気持ちでいたのに翻弄されました。
維新に納得いかない当時の盟友が、それでも剛さんを応援する姿も目の前で見ました。
関くんの前回選挙時の政党は「希望の党」。
野党に任せられないと言われてしまうのもやむを得ないけど、日本のあちこちで自民党なら楽々当選しそうな人材が、自民党以外を選んでなんとか当選を目指す理由があるわけで、私は小選挙区制含めて、選挙や政治の構造そのものにも毎回悔しい思いがしています。
同時に、私は自民党総裁選で、改めて自民党について勉強し直し、前ほどアンチではなくなっているのも事実(正確に言うと、賛成できる人と明らかに反対な人と入り乱れている)。
私の周囲の男性陣で、政治への疑問や不安を口にする方たちの最大とも言える懸念が国防です。
つい最近も、報道はされていない危機が、日本の周辺で起こっています。
思えば私が剛さんを支持したのも、国防への意識が高いこともありました。
戦争は当然反対で、今は仕掛ける仕掛けられる戦争への心配より、日本が大げさではなく乗っ取られる心配をしなくては、だと思います(戦争というのは目に見える攻撃だけではなく今はサイバー攻撃や思想への組み込み、土地や水道の買収等、種類が変化しています。コロナにまつわるいろいろも不可解に私は感じています)。
知らない人がネットで書いていた「自分の国が植民地化されて、自分たちの言語が奪われる想像をしてほしい」というコメントに身震いしました。
経済や生活を語れるのも国の安全あってこそだと私も思うし、ただ、選挙は、18歳~100歳超の幅広い層の方々から票をいただかなくてはならないので、どの候補者も短期間ですべてを語り切れない実情があると思います。
関くんにも国防への心配のお声は伝えてあります。
国内の政治が混沌としていることそのものが、国力の低下を諸外国に示しているように感じ、「そんなことより、一致団結して」と感じます。
関くんの「与党も野党も世代交代」という言葉にこもった意味を幅広い期待として、彼に託してもらえたら、と、そんな気持ちでいます。
私に寄せられる疑問への回答にはなってないし(勝手なことは書けないので上記は今の政治に感じる私の思いです)、私もすべて書き表せませんが、これが率直な気持ち(どう書いてもまとまらない一端)です。
🌟どなた様も嚙みつかないでください。
選挙のたびに嫌な思いをいっぱいしてきたけど、それでも、少しでも参考にと思って、その都度書いています。
そもそも私の始まりは、女性やお母さんたちに政治を身近に感じて欲しくてこの10年書いてきました。
当初は選挙ネタというだけで、反応がない(タブー)みたいな感じだったけど、回を重ねるごとに変化を感じていて、私をきっかけに、「初めて投票に行った」「選挙活動に参加した」「楽しかった」という人も毎回いて、うれしいです。
私たちが関心を持つことが子どもたちにもつながります。
よろしくお願いいたします。




松井守男さんのサイン会 


【10月26日 朝 投稿分】

f:id:hihararara:20211026222732j:plain

おはようございます。
友達までの公開で。

選挙の話も大事に書きたくて、一昨日の分がまだ書けてないですが、あさって28日のお知らせです。

画家の松井守男さんのサイン会が、豊川のある場所で行われます。

松井さんの担当社長さんからお知らせを頼まれていたけど、大切な集まりを兼ねているのがわかったので、どんなふうに書こうか迷い、直前になりました。

私と面識あって、行きたい!という方には個別に場所と時間をお知らせするので、メッセージください。

私もご一緒しています。
コロナで日本の滞在が思いがけず延びたけど、フランスへの帰国が決まり、寂しいです。
そんなこともあっての企画です(松井さんに会いたい方大歓迎💕)。

7月に発売されたこの本、とっても良かったです。

お買い求めは、松井さんもお気に入りの豊川堂でぜひ☺







 

 

 

 

 

次男の修学旅行土産の話

 
 
【10月23日 投稿分】
 

f:id:hihararara:20211024123117j:plain

f:id:hihararara:20211024123125j:plain

f:id:hihararara:20211024123134j:plain

f:id:hihararara:20211024123231p:plain


f:id:hihararara:20211024123144j:plain

f:id:hihararara:20211024123200j:plain

f:id:hihararara:20211024123209j:plain


今どきの修学旅行は、お土産が宅配便で送られてきたりするんだけど(長男もそうだった)、たまたま兄弟ともメインの行き先が長崎で、カステラどかっ!!ってのも似ていた(笑)
①~③が次男のお土産で(③は②を開封したもの)、届いた荷物を開けていいってことで開けた瞬間、既視感が・・・って思った(笑)
④は長男の時のカステラ、⑤は、私への立派な健康長寿のお守りと、おすそ分けの小さいカステラ(笑)
次男は甘いものが好きで、小中の修学旅行も、買ってきたものが確かチョコ系のお菓子ばかりで(既視感その1)、何しに京都奈良や東京に行ったのか?と思うくらいに割高のお菓子を買ってきた(笑)
今回のこのカステラも、ほとんど自分で食べる気でいる・・・(どこにお金があったのか)
長男の時(④の写真)は、自分のバイト代で総額1万円くらいのカステラを、バイト先とかに配っていた。
2人に共通していたのは、私が言わなくても、修学旅行のその足で義母の家に寄り(私が乗せていくんだけど)、お土産を渡したこと。
長男の時は忘れたけど、次男は仏壇にもお参りし(仏壇大好き)、義母が喜んでくれた。私が仏壇のある家で育ったこともあり、お宅訪問の際はお土産をまず仏壇に供えて、お参りから始めていたことが習慣化したのはうれしいです。
一昨日のお迎えの車中で、旅疲れの不機嫌な次男とちょっとケンカになったけど、久々にお参りしたら、明らかに浄化された。
夫が嫌がるので(感染を気にして)義母宅にほとんど行けずにいたけど、夫婦ゲンカ、父子ゲンカの時に、私たちの味方でいてくれたような義母に会い、今は円満になったことや、家のにおいからいろいろ思い出したりして、涙が自然に込み上げた。
お土産の後の太宰府天満宮の写真は、この夏に家族で行った時のものです。
その時は、次男の修学旅行の行き先にも含まれているとは知らず、次男は2ヶ月後にまた訪問した形になりました(笑)
 
 
 

樫の木~スイートポテト

 
 
【10月21日 投稿分】

f:id:hihararara:20211022231235j:plain

f:id:hihararara:20211022231249j:plain

f:id:hihararara:20211022231301j:plain

f:id:hihararara:20211022231313j:plain

f:id:hihararara:20211022231322j:plain

f:id:hihararara:20211022231332j:plain


修学旅行から帰ってきた次男ネタもあるけど、昼間のお話。

🌟毎度、どうしても短くできないから、読みたい人だけ読んでください(笑)
我が家にはシンボルツリーとして、15年以上前に植えた樫の木があります。12年前に病気で入院した時に、神主さんに改めて家のお祓いをしてもらった時に、その樫の木の根元にお札を立てて、我が家のご神木や守り神になってもらいました。
その後、剪定は夫がやっていたんだけど、素人だとやはり限界があり、お願いしたくてもなかなか思い当たらなかったところ、この方ならぜひ!!って直感的に思った柿本さんに今年の3月に初めてお世話になりました(①その時書かせてもらった東愛知新聞のコラム)。
だいぶ短くしてもらったけど、この夏もワサワサに育ち(笑)、季節的に好ましいということで年に一度の剪定をこの時期にしようとなって、今日来ていただきました。
朝、柿本さんが、みなさんに配っているという、畑でつくったさつまいもをくれました。樫の木の作業時間が2時間くらい、と聞いて、ならばこのさつまいもでお菓子を作ろう!!と内緒で思い立ち・・・(笑)
これは、過去に友達の家に遊びに行った時に、実家のナスを持って行ったら、料理上手なお母さん(ご存知の方、晴子さんのことです)が、即席漬けともう一品何かにして帰りに持たせてくれたことが素敵だったので、それがやってみたくなったのもあった(笑)
てなわけで、他の家事をやりながら、さつまいもを蒸し、まともに作ったことのないスイートポテトを検索して、出てきたレシピから材料を計りもせずに混ぜていって(さつまいもの甘さによるので味見しながら。生クリームはないから豆乳)、ほくほくの、さつまいもの食感や皮も残した生地にして、オーブンでわくわくしながら焼き上げました。
人様に食べてもらう時って、ふつうは得意料理とかにするんだろうけど、私は気をつかわないタイプのお相手の場合、いきなりてきと~も実験もやる(笑)
結果、我ながら上出来で、焼き色にハートまで出現した(笑)
作業を終えた柿本さんにコーヒーをお出ししながらサプライズでスイートポテトを!!
めっちゃ喜んでくれました\(^o^)/
私もうれしくなって、奥さんが嫌がらないか確認した上で、ホールの半分を娘ちゃん3人と奥さんの分として包んでお渡ししました。
夜、うれしそうな娘ちゃんの写真が届いて、私もまたハッピー💕
大事な我が家の木を切ってくださる方と、木の気持ちだけではなく、社会についても同じ温度で語れてうれしかったです。
(あ、出現したハートの話は戸惑わせても申し訳ないので触れなかったし、次男用にしましたw)
庭師さんをお探しの方、ご紹介するので言ってくださいね☺
 
 
 
 
 
 

せき健一郎 出発式

 


10月19日 投稿分

f:id:hihararara:20211020222138j:plain

f:id:hihararara:20211020222152j:plain

f:id:hihararara:20211020222110j:plain

 

f:id:hihararara:20211020222437j:plain



f:id:hihararara:20211020222216j:plain

f:id:hihararara:20211020222251j:plain

f:id:hihararara:20211020222121j:plain

 

f:id:hihararara:20211020222241j:plain

f:id:hihararara:20211020222056j:plain

f:id:hihararara:20211020222302j:plain

 

写真が小さくて、こんな雰囲気だったよ、としかお伝えできなくてすみませんが、青空の下、関くんのイメージカラーの青や集う方々が身につける青(私もマスクやバッグ、靴等)に満ちた空間が、とても心地よかったです。青ってきれいだな、って思いながら過ごしていました。
キャプション付けるとインスタやブログの転載が難しくなるので、だだだーっと本文で説明させてもらうと、
①菊地令比等後援会長のお話
 レヒトくん(数回しか会ったことないのにすみません)は地域の重要案件(市民全体にも関わるような)も担当する弁護士で、関くんと同じ43歳。
 「ロストジェネレーション」と呼ばれる世代として社会や政治に対して抱いてきた実感から始まったお話に胸を打たれました。
 43歳から見た私たち世代(私は49歳、48歳の学年)はどう見えるかわからないけれど、私が大学4年の年は、就職超氷河期と称されて(スチュワーデスが契約制になった年)、1年生の時の4年生は売り手市場だったのに、ガラガラガラと崩れ落ちていくような状況を目の当たりにしました。
 バブル期みたいな恩恵は受けなかったけれど、まだ日本の景気の良さの名残は感じられた頃。
 日本の良い時代を知っている世代(いまだに幻想を持つ世代)ではなく、関くん世代が、子ども世代を具体的に意識した活動、活躍をあらゆる場でして欲しいなあって思いました。
②芳賀市議のお話
 芳賀市議のことは、もう15年くらい知ってるかな。夫が始まりで存在を知り、校区の市議(のちの国会議員)が通学路の危険箇所に関して動いてくれなかった時に、すぐさま改善してくれたことがありました。
 私はいろいろな市議の方の選挙を手伝ってきたけど、芳賀さんのところでもちょっとだけナレーションみたいなことをしたことがある。実直で頼れるアニキという感じです☺
③3市議の方ご登壇
 小さい写真だし、マスクでお顔が見えなくて残念ですが、真ん中の星野議員のご長男と、うちの次男は同じ高校のバスケ部友達で、今朝から修学旅行です(笑)
 星野さんは同年代で、同じ時期に東京六大学野球神宮球場にいました。私にとって星野さんのいろいろはツボです!
④せき健一郎候補 
 「持続可能な社会、未来」を意識して、プラスチックのたすきではなく、刺し子のたすきだそう。
 熱い、感動的なお話でした。
 関くんの持つ国会や政治への疑問や怒りは一般市民に近く、この純粋素朴な感覚を持った議員が政治の現場にはいなければならないよなあ、って思いました。
 政権与党だけではなく、野党にも、所属政党にも持つ意見はごもっともで、まさにそう!!って思いました。
 敢えて書いておくと、正直、入れたい政党がないけど、関くんのことは応援したい、そういう気持ちなんです。
⑤元劇団四季の天野くんの歌と鈴木智子さんのピアノ
おなじみ、天野くんの迫力ある歌声と、鈴木さんが奏でる美しい音色に盛り上がりました。
(天野くんと、何年か前の大学の飲みの後にカラオケに行ったことあるのは、今では貴重な自慢だなあ~)
⑥浅井市長ご登壇!
 *市長や市民のために補足すると、根本さんのところにも呼ばれてました。
 久々に浅井市長のエネルギッシュな演説を聴けて、うれしかったです!!
⑦みなさまの「ガンバロー」 やっぱり、若いっていいですよ!!
⑧関くんが田原に移動後、浅井市長と関くんの応援を炸裂にがんばっている白井さんと。
⑨関くんの選挙をスタッフとして支えているあゆみちゃんやこまちゃんたちと。
⑩関くんの前回の当選より前の、関くん主催の話し方講座で知り合った橋本さんとあゆみちゃん💕
司会は、いいだまきちゃんでした!
関係ない写真も載せてたけど、あまりに関係ないので(さらに長くなりそうなので)後日にします(笑)
私は毎朝、夫の朝食のためにいったん4時55分に起きてるんだけど、今日はそのまま次男が修学旅行で早くて、6時過ぎに豊橋駅に送り、10時の関くんの出発式に参加、さらに豊橋駅に行くのならと(朝思いつき)、名鉄電車に乗って、尾張一宮での予定(選挙は関係ない)に急きょ合流しちゃいました。
迷うなら行っちゃえ、ってのが私だよなあ(旅好き)って実感し、今はヘトヘトです・・・
(移動中も、遠方の重鎮と選挙に関してメールでやり取りしていた)
関くんの言う通り「一緒に政治を変えましょう」です!!

 

お知らせ増えてますが・・・関くんの出発式



f:id:hihararara:20211018215140p:plain



f:id:hihararara:20211018215123p:plain

 

おもしろそう!!
お仕事の方がほとんどとは思うけど、明日の関くんの出発式、良かったら参加してください。
選挙って、輪の中に入るとおもしろいし、既存の選挙のアホらしさ(失礼ながらも、嫌がらせかと思うような手間(ポスターとかチラシに関わる)や時代錯誤のいろいろ)もわかります。
私は明日の早朝、修学旅行の次男を送って豊橋駅に行くんだけど、再びまた10時にペデストリアンデッキに伺います。
🌟他地域の方からすると(ポスター等で見慣れてないと)、この写真見て、カッコイイ立候補者!って思いそうだよね(笑)






皮膚科にて



f:id:hihararara:20211018214903j:plain


今日、久々に皮膚科に行きました。

(校区のお友達は知ってる、ダンナさんが整形外科で、奥さんが皮膚科の病院)

この病院は、息子らが小さい頃からお世話になってきたんだけど(親しい小児科の先生が最初に教えてくれた整形外科がココだったからだけど、その後整形外科に関しては、次男がやんちゃでケガばかりだったので(学校でケガして行く病院が休診日だと違うところに連れて行かれたりで)市内で5軒くらい行ってる)、
待合室のこのマットには思い出がある。

というのも、息子らが小学校低学年と幼稚園くらいの時に、もう本当に、反射的に、という感じに、このマットを前にして、でんぐり返り(前転)をやっちゃったのだ(笑)

子どもって、特に男の子って、思いがけないことをするけど(次男が3歳の時の、階段7段跳び→左足の小指骨折等)、そのでんぐり返りは、大人の常識だと・・・

■土足のマット、病院のマットは汚い
■人前で、でんぐり返りするのは恥ずかしい

と考えるのに、止める間もなく(「お母さん、やってもいい?」もなく)、どちらが先だったかはわからないけど、兄弟ともがゴロンゴロンとやっちゃって、焦りました(笑)

と同時に、子どもの偏見のなさってすごいなあ~ 確かに掃除が行き届いていたら転がりたくなるマットだよなあ~ って妙に感心もしてしまった。

もちろんすぐにやめさせたけど、衝撃的なできごとだったので、忘れられないし、懐かしい☺