Love the Moment

日原いずみ

母校 泉中学校の最後の卒業式


ひとつ前の記事の続きにもなります。
今気づいた、東愛知新聞のネット記事。
 
 
 
母校の最後の卒業式。
変わらないセーラー服が懐かしい。
泉校区は、保育園から中学まで他校と混ざらずに持ち上がる校区でした。
それが狭苦しく、つまらなく感じた時もあったけど、今となれば、とても貴重だったなあと。
私たちの頃は子どもが多くて、一学年が75人くらい(2クラス)でした。
26人という卒業生の数に、その人数で保育園から過ごす気持ちを想像しました。
閉校や統合って、いろいろ思いやっていただくけど、なんとも言いようのない気持ちで、マイナスばかりではないです。
ただ、校歌が消えると思った時に(私の場合は、数年前に講演に行かせてもらい、その時に実感した)寂しい気持ちになりました。
泉の子たち、統合後は太平洋側の中学に通います。三河湾を歌った校歌からの変化、どんな気持ちかな。
環境が変わったり、友達が増えることを前向きに思ってもらえたらいいな。
自分の母校が閉じることより、今やこれからを過ごしていく子たち(甥っ子も含めて)が幸せになってほしい、って気持ちのが強いです。
 
 
 
 

田原市立泉中学校 閉校 について

 
中日新聞より】

f:id:hihararara:20210304131051j:plain

f:id:hihararara:20210304131100j:plain

f:id:hihararara:20210304131111j:plain

母校、田原市立泉中学校(私たちが通った頃は、渥美町立泉中学校)の閉校にまつわる特集記事を、丁寧な取材で、3回にわたり掲載してくれました。
ありがとうございます😊
知ったお名前やお顔もちらほら。
大ちゃんたちが持っている閉校式のポスターは私の弟のデザインです🌸
閉校記念式典は人数限定での開催ですが、その後のイベントは、申し込み不要で同窓生が参加できます。
詳細はメッセージでお尋ねください。
熱心に話し合いを重ねてくれてきた実行委員会のみなさんに感謝です。
教頭先生とは、にわかに電話で話していますが、本当にありがたい。
「閉校は寂しいけれど、これをきっかけに、みなさんが再びつながってくれたら」
「過去、田原市では、野田中学校、伊良湖岬中学校の閉校があったが、同窓生からの、知らなかった、という声がどうしても出たので、来る来ないではなく、とにかく知らせたい」
という思いでいてくれます。
コロナのために広く知らせにくい状況だったし、さまざまな考えがあるので、今も判断は難しいですが、佳き日になることを願って協力&参加します。
年代別のスピーチは4人だけ(女は私だけで、その中ではいちばん年下)。
推薦してくれた後輩ちゃんに感謝💕
光栄だからこそ、大切にがんばる。
私はたぶん、泣きながらスピーチします(笑)
あまり考えていかずに、その日、その場で感じた思いを込めて話します🌸🌸🌸
 

ネコレット

 
【3月3日 投稿分】

f:id:hihararara:20210304130606j:plain

f:id:hihararara:20210304130628j:plain

f:id:hihararara:20210304130647j:plain


おはようございます。
昨日に引き続き、東愛知新聞の紙面の紹介です。
大学OBの土井社長(私はドイドイと呼んでいるw)の宇都宮工業が生産する猫のトイレの記事。
二人の先輩が送ってくれた記事の写真と昨日出た中部経済新聞の記事も。
山田編集長は猫好きで、猫に関する取材もたくさんしているので、猫や猫を飼う人の気持ちを考えて書かれた記事だなあと感じました。
ドイドイは、めちゃめちゃおもしろい先輩で、この商品に発展するとは全く思っていなかったであろう、ドリカム中村正人さんとの出会いの頃の話も聞いていたので、笑える・・・
宇都宮工業は常に新しい模索や開拓をしていて、それに関するドイドイ社長の名言も書きたいけど、控えます(笑)
その精神があるから、この製品もできたんだね!!みたいな。
やはり、楽しい気持ち、前向きなワクワク感って大事😊
 
 
 
 
 
 
 

とぉやん&かぁやんとモデルハウスにて

 
【2月27日 投稿分】
 

f:id:hihararara:20210304130038j:plain

f:id:hihararara:20210304130051j:plain

f:id:hihararara:20210304130102j:plain

f:id:hihararara:20210304130112j:plain

f:id:hihararara:20210304130123j:plain

f:id:hihararara:20210304130139j:plain

f:id:hihararara:20210304130156j:plain

f:id:hihararara:20210304130205j:plain

f:id:hihararara:20210304130217j:plain

 
昨夜のこと。
野川建設のモデルハウス「海の見える空気がうまい家」で、野川社長、かぁやん商店のとぉやんとかぁやん、お子さんのよしくん、私で食事会をしました。
先月お誘いいただいた時は、ポツンとそこにだけ予定というくらいに余裕があったのに、思いがけずいろいろから忙しくなり、また、前日に落ち込むこともあり、どんよりもしていました。ところが、私の友達はよく知ってくれてる偶然炸裂🌟で、昨日の朝、facebookに5年前の、かぁやん商店オープン時の投稿が出てきて、朝から夜会う予定のとぉやんとかぁやんの笑顔を見て励まされた\(^o^)/
こういうドンピシャのタイミングがよくあり(オープンは2月13日なのに、私が訪ねてブログにも記録したのが5年前の2月26日だった)、本人たちにも伝えたし、何よりいつも、偶然は神様からのプレゼントだと思っているので、一気に気分が上向いた✨✨
私は餃子を持っていくことにしていたので、家族用の夕食と合わせて74個を包み(長男は今は静岡。長男いたら100個)、フライパン2つを使って4回焼き(お持ちしたのは小麦粉の皮と米粉の皮両方)、慌てたせいか、いつもと比べて不満な出来ではあったが、大皿でお持ちし(タレ用に醤油、酢、ごま油、韓国唐辛子、お好みでナムプラーとレモンも)、モデルハウスで温め、喜んでもらいました。
そして何より、かぁやん定番の土鍋炊きご飯のおむすびやら、焼きそば、オリジナルのヤンニョム(私も大ファン)のキムチ、かぁやんが適当に和えたというブロッコリーも止まらないうまさだった😊 お店の商品である選りすぐりのサラミもチーズも、かぁやんの米粉のケーキもぜんぶ美味しかった‼️
野川社長が用意してくれたお酒やら、とぉやん持参の澤田酒造の日本酒など、にぎやかに楽しみました。
とぉやんとはお店での立ち話はよくするし、パリダカに出た話も知ってはいたけど、生い立ちやパリダカのリアルな話などすっごいおもしろかった。
※知らない方のために、パリダカは、パリ・ダカール・ラリーのことで、昔はパリからスタートして車でサハラ砂漠を走るレースです。
私も南フランスからバルセロナにフランス人の友達と車で移動する旅をしたことがあるので、地中海沿岸のスペインの魚の美味しさがすっごいわかるし(内陸地から移動後にいただく魚料理は、サービスエリアみたいなところのタパスでも美味だった)、モロッコセネガルやクスクスとかのワードにワクワクした(笑)
そして、ずーっと絶妙なツッコミを入れるかぁやんもサイコー💕
おつきあいしてくれたよしくんありがとう💛
会場を提供してくれた野川社長ありがとう💛
モデルハウスができたばかりの頃、講座をお願いするなら一番にかぁやんと思ってお話もしていました。
コロナでイベントや講座をしにくいけど、野川建設とかぁやん商店とのコラボイベントも実際にタイミングを見てる企画があるので、今年は叶えばいいなあと思います🌸🌸🌸
🌟懐かしい、5年前の「かぁやん商店」オープン時のブログです。
5周年、おめでとう‼️

hihararara.exblog.jp

 

 

 

 

 

 

 

 




 
 
 
 

イケメンに陥落(笑)


*なかなか転載できなかったので、だいぶ前の話題に感じますが・・・

【2月24日 投稿分】
 

f:id:hihararara:20210302214543j:plain

長くてすみませんが、これが私の頭の整理やストレス発散なので、おもしろがってくれる方だけ読んてください(笑)
年に数回あるけど、いろいろなことが集まり、尽力したい気持ちもあるけど、尽力せざるを得ない流れや関係性という状況で、今、3つくらいのことを同時にやっていて(主に人と人とのおつなぎや、情報提供、物事が円滑に進むように複数方向へのフォロー)、楽しくも疲弊中。
そんな中、今朝は庭の樫の木を初めてプロに剪定してもらった。この話や流れもおもしろくて(ポスティングされていた案内が捨てられず、5年後のお願い&見積もりから今日までの間に36歳の彼が私の小説をまさかで読んでくれていた)、新聞のコラムに書くかもなので、その話や写真はまた(笑)
その後、急に歯医者に入れてもらえたので、自分プラス親知らずが気になる長男も。
私は自分が東京での一人暮らしの間に、どの歯医者に行ってよいかわからなかったことや、20代は引っ越しも多かったため、あちこち歯医者を移り変わり、結果、良かれと思った治療によって、さらに歯を損なった実感があるため、子どもの歯のケアや歯医者選びは慎重にしてきた。
途中からやまざき歯科クリニックにお世話になり、息子は二人とも今も虫歯がないし、削ったり詰めたりしている箇所もない。
だから、親知らずも、わからないまま静岡の歯医者に行くより、やまざき歯科さんにお世話になってほしかったので、良かった。
午後は大好きな人たちとミーティング。
と、詰め詰めの一日の最後に、疲労困憊の時ほどトドメを刺すような長男が「今日、友達が泊まりにくる」と。
友達歓迎ではあっても、またか、よりによってみたいな気持ちも2%くらい持ったが、夕食の支度中に連れてきた友達は、長男の大学の貴重な友達だった。
インスタで見ていた、韓流スターみたいなイケメンで(笑)、長男のバイク仲間でもあり、静岡から一人で出かけたバイクで浜松辺りで迷ってしまい、急きょ。
困った時はいくらでもだけど、長男はとにかく説明がないし、振り回されてばかりなので、誰が来るのかわからないまま、若干不機嫌な気持ちで玄関でお迎えしてしまった。
ところが、暗闇から現れたのが、文字通り、目の覚めるようなイケメンだったので、
「わー、インスタで見てたナンバーワンイケメンの実物だ〜‼️
と、露骨にテンションUP⤴⤴⤴
私は、上野千鶴子さんと湯山玲子さんの『快楽上等! 3.11以降を生きる』という本が好きなんだけど、その中でも、印象的な場面。
ある場に姜尚中さんが登場した瞬間、女たちの空気が露骨に変わったそうで、湯山さんが、
フェミニズムが陥落した瞬間だった」と表現していた(笑)
私はその場面が大好きで、今夜もイケメンの威力はすごいよなあ、と実感しました(笑)
そんなわけで、するつもりがなかった長男の部屋を先ほどは掃除したし、毛布のへり(縁)の糸がほつれて、ビヨヨヨヨよよよ〜ん、となっているのを発見した時は、長男の雑な扱いに舌打ち状態だったのに、さっき直したよ。苦手な針と糸で(笑)
イケメンはオバチャンにここまでさせるんだわ、と思いました😆
念のため書いておくと、私は日常的にイケメンに恵まれているので、緊張も気負いも欲求不満も全くありません‼️(笑)
あ、写真は、急に来ることになったお友達が、きっと気をつかって買ってきたお土産😊
 
 
 
 
 
 
 
 

ほおずきサロン44💗

 

f:id:hihararara:20210302214201j:plain

f:id:hihararara:20210302214223j:plain

f:id:hihararara:20210302214234j:plain

f:id:hihararara:20210302214244j:plain

f:id:hihararara:20210302214255j:plain

f:id:hihararara:20210302214310j:plain


f:id:hihararara:20210302214331j:plain


紙面でもお知らせしていますが、「ほおずきサロン」は3月いっぱいで連載終了です。
私は2週間前に初めて知ったけど、びっくりでした(編集長もびっくり)!
何か思いを持ってくださる方や、1年間の感想など(紙面での募集内容も)、良かったらコメント欄やメッセージではなく、東愛知新聞宛に送ってもらえるとうれしいです。
☆東愛知新聞 編集部
hensyu@higashiaichi.co.jp
 
1年間担当してくれた編集長や整理記者の夏目さんが私以上に残念がってくれている様子を見て、じゅうぶんだと思いました。
今日の紙面の素晴らしいこと。
いつも誰か知り合いが出てるけど、今日は特に多い(笑)
私の記事が埋もれていくような「卒業」の華々しさ。
<‟卒業” 特別な思い>
谷町くんはお友達の息子さんで、病気のことも進路のことも聞いてきたので(快挙だよ!)感慨深いし、その上の記事の32歳の矢野さんにも感動。さらに、母校の豊橋南高校の川島さんは、TTランナーズに所属していたので仲井さんから存在を聞いた小6?中1の頃から応援していました。19歳の横里さんの笑顔にも感動。
最終面のすぎうらよしこさん親子も、またご一緒のタイミングでしたね、みたいな☺
そして、最後に載せたのは今日の中日新聞に出ていた母校・泉中学校の閉校のお話。
緊急事態宣言下では閉校記念式典や記念イベントの開催方法が難しく、私もお知らせができずにいました。
宣言が解除されたので、担当の教頭先生や実行委員会の思いを第一に協力します。
閉校記念式典に私は来賓で出席させていただき、イベントの方で短いスピーチをします。また改めてお知らせします。
いろいろが閉じていく3月となりました。
「ほおずきサロン」はカウントダウンに入ってしまいましたが、残りも精一杯書きますね!!
(すでに45は書いてあるので、46、47で何か読者さんからの声にこたえたいです🌸🌸🌸
 
 

f:id:hihararara:20210302214722j:plain

 
 
 
 
 
 
 
 
 

ほおずきサロン43💗

 

f:id:hihararara:20210222220722j:plain

 

f:id:hihararara:20210223215101j:plain

f:id:hihararara:20210223215111j:plain

f:id:hihararara:20210223215125j:plain

f:id:hihararara:20210223215136j:plain

 

f:id:hihararara:20210223215150j:plain

 

f:id:hihararara:20210222220751j:plain

 

おはようございます。
【ほおずきサロン43💗】です。
今回は、アーティストの藤井風さんについて書かせてもらいました。新聞なので「さん」ですが、藤井風くんと呼ばせてもらっています。
私に風くんの存在を教えてくれた「ともちゃん」(写真のキャプションでお名前を明記させてもらっている)は、大学時代の元彼のお姉ちゃんです☺ お姉ちゃんにも原稿を読んでもらったり、写真をお願いしたコラボのような記事です(笑)
私は元彼ともお姉ちゃんとも今も友達でいてもらっていて、そのことが、本当にうれしいし、誇らしい気持ちです。人生で出会えて良かったと思うお二人です。
今回、風くんを知り(ともちゃんに教えたのはあさなちゃんも聞いてます)、以来、毎日風くんの歌やピアノを聴いています。
ブログにも自分のお気に入りのYouTubeや記事をまとめようと準備していたけど、知れば知るほど素晴らしさが増大していって、まだUPできずにいます。
この記事はまだ初歩的な風くんの魅力ですが、毎日彼の音楽を聴きたい自分の気持ちや、多くの方々の気持ちは「浄化」を求めているのかな、と感じています。
そのくらい現況はしんどいこともあるし、彼の世界観は美しいです。
私は、いろいろな意味で、今のタイミングで彼を知れて、大げさなようですが、生きる支えになっています。
次の「ほおずきサロン」でも少しだけ触れていますが、彼が岡山弁で言葉を選びながら語った「すべてのネガティブなエネルギーから解放されてほしい」という言葉や、ふと話すことが、彼の心からの思いを表していて、何回も感動しています。
勝手に熱くなっていてすみませんが、すでにご存じの方からしたら「今頃?」でしょうけど(笑)、知らない方、ぜひ少しでも藤井風くんに触れてみてください。
ともちゃん、たっくさんの情報をありがとうございました💕
(これからも一緒に語りたいですww)