Love the Moment

日原いずみ

大切な、アモンダン訪問

【11月29日 投稿分】

今日は、古民家フレンチの「アモンダン」でランチでした。
6月7日に、松井守男さんたちと一緒に行く予定が、5月30日の急逝でキャンセルとなり、その日にシェフがインスタで、
「今日は巨匠に会える日だった…もうあの子供のような笑顔に会えない。」
という書き出しで偲んでいて、改めて伺いたいと思いながらも、悲しくてなかなか行けませんでした。
満を持してという感じに一緒に行ってもらったのは高校の同級生の石原真弓ちゃん。英語の著作多数で(英語学習スタイリスト)、この秋には「ディズニーの英語シリーズ」が累計40万部突破で大都市の書店で特集された筆者。
毎度偶然ばかりですが(笑)、私たちがキャンセルした6月7日、真弓ちゃんはアモンダンにディナーで行っていたのでした。
後日私のブログを見て、守男さんと行く予定だったことを知り、教えてくれて、お互いびっくりでした。
ぜひともお店でバッタリして、紹介し合いたかったです。
そんなこともあって、真弓ちゃんとの久々のランチの場所をアモンダンにしてもらい、昨夜は泣けそうだったけど、行ってみたらすっかり忘れて楽しい時間を過ごしました。守男さんもその方が喜んでくれるでしょう。
守男さんはアモンダンを愛していたので、結果的に最後の訪問になった2021年2月の私の誕生日祝いのディナーの写真を、簡単なパネルにしてシェフにプレゼントさせてもらいました。
(ブログからの写真をプリントしてお持ちしようと思ったら、カメラのキタムラにこのサービスがあり、ちょうど用意していた17枚ピッタリの雛型だったので)
私が写ってる部分はいらないかなとも思ったけど、守男さんが好きだったオマールも牛ヒレもあるし、一お客としての、楽しかったディナーの思い出として・・・
真弓ちゃんともいろいろお話したけど、いつも、ハイセンスな手土産をくださり、立派な柿に加え、私好みの資生堂パーラーのクッキー缶(花椿ビスケット限定缶)で、家で開けて、めっちゃテンション上がりました。存在は知っていたけど、デザインがとっても良い!
私にプレゼントをくれる女性は、けっこう私のイメージを「水色」とか「ターコイズブルー」と思ってくれて、実際今乗っている車も水色だし、すごくうれしい。
真弓ちゃんからいただいた『塔の上のラプンツェル』と、かつての「ほおずきサロン」も添付します。
シェフ様には、お手紙もご用意し、「これからも、美味しくて幸せなお料理や、お店づくりをがんばってください。」等書きました。
守男さん、亡くなってもめっちゃ存在感あって、例えばお通夜で知り合った東京の女性や、そこからつながる男性ともやり取りを重ねています。今日はシェフとも思い出を共有できて、年内に果たせて良かったです。
🌟これを投稿したタイミングに、郷保さん(守男さんの日本担当社長)からメール来ました。郷保さんとのご縁も続いています。

 

 

 

ちゃことの写真


【11月28日 投稿分】

1週間前の月曜日に来てくれた大好きなちゃことの写真を、ちゃこがLINEで送ってくれて、うれしいのと、1枚1枚で出すのはアラフィフの自分らにキツイ(お目汚し失礼)って思い、コラージュしてみた。ついでにお花もw バカっぽいの大好きw
にしても、ちゃこはつくづく、写真の神様に守られてる。
ちゃこの写真は昔からプロ級。
この写真は工夫などせず勢いで撮ったものだけど、私が撮ったものと明らかに違うし、光がキレイ✨
 ちゃこといると自然に笑っちゃうので、ありがたい表情が残してもらえる。
思い出して、3年前の秋の、大学のホームカミングデーの写真を引っ張り出してきた。
コロナ前のあの時、行っておいて良かった!!
(誘ってくれた根本くんやら、再会したり初めて会ったみなさま、改めてありがとう💕
私たちが出会った頃の早稲田大学社会科学部(社学)は、今みたいに偏差値が高くなくて、そんな風に書いたら嫌がる人もいるだろうけど、吹き溜まりみたいでいかがわしくて、個性豊かで大好きだった。男女とも変人がいっぱいいた!(浪人生の方が断然多かったし、少ない女子の中でトガった美女の比率が高かった)
ボロボロの(今は建て替わっている)14号館も大好きだった。
ちゃこの姿は14号館とセットでもある。
今頃はイチョウがキレイだろうなあ~
最近初めてnoteのメンバーシップに参加した。
有料でも読みたいと思った書き手はゲイのお方。
独特の感性や機微が好きで、世界観を読ませてもらえてワクワクする。その中に、フランスのマダムの描写があり、シミやシワをあるがまま受けとめているマダムは、日本の女性に関して「どうしてあんなに白いの?」「バカンスを楽しんでいないの?」と。
ちゃこと私は海が好きで、山も好きだけど、清濁併せ吞む海が好きで(笑)、この間、荒野のような恋路ヶ浜で、写真撮って目立つシミを恥じたらちゃこが、「遊んできた証拠だよね」と。
そう、私たちはそれぞれいっぱい旅をしてきた。
にわかに増えたシミを肯定はできないけれど、いっぱい遊んでいっぱい旅をしてきた(ケアを気にしてこなかった)これまでに悔いはない(笑)
*写真の手前の加工みたいに白い顔は、光のおかげです。
私なんて、目の中にシミではなくてホクロができて、時々心配されるけど、眼科でも診てもらっている大丈夫なものです。
そのホクロはけっこう衝撃だったけど(行動と顔相が後天的な手相みたいに重なり)、意外と気に入ってもいる。
今後どんな顔になっていくのかわからないけど、幸せそうなおばあちゃんを目指したいな。旧友と再会して、お互いのシワにギョッとしながら大笑いできる日を楽しみに、日々を重ねていきます。




長男のnote 「商業教育で世直しを」

 

すでに個別にお伝えした方もいるけど、長男(大学3年)の久々のnoteを紹介させてもらいます。
今の世の中にとって大切なことを、稚拙ながらも瑞々しく書いているので、良かったら読んでください。
次男の大学受験が近づき、がんばっていることを尊敬してるけど、商業高校でひたすら楽しい3年間を過ごした長男が、今、実践を軸に置きながら学びを深めている様子を見て、教育や社会について考えさせられます。

note.com

アートエイジにて

今日は、ある、大切な大切な作品2つを額装していただいたアートエイジに、完成品を受け取りに行ってきました。
その絵は公開NGなんだけど、我が家にあるアートエイジの額装品たちとともに、加工してそのうち紹介したいと思います。
仕事や予定の合間にバーッと行かせてもらい、誰とも約束していなかったのに、着いた途端、その作品2つをお見せしたかった(画像ではすでに送ってあった)歩美ちゃんがいたのでウケてしまった!しかも、ギャラリーで個展開催中(こちらも目的だった)のHitoyoさんと平井社長と3人で、ネアポリスのピッツァを食べているではないか(笑)
 お昼時に差し掛かることを申し訳ないと思って出向いたけど、私までランチに参加させてもらい、ちゃっかりたくさんいただきました。ネアポリス(長男の職業体験のお店)はやはり美味しい♪
歩美ちゃんは、ウィンドウアートの描き変えで、うさぎが順番待ちしてる師走になるんだなあと・・・
そこに、久々に会うえみちゃんもご来店で(個展を観に初だそうで)、私は本当に偶然やバッタリが多くて、今日も自分に驚いたけど、えみちゃんにもHitoyoさんにも、額装品(生の価値ある作品)を見てもらえて良かったです。
平井社長が素敵に仕上げてくれて、胸がいっぱいになりました。
ありがとうございます。
泣けそうになりながらも、次の予定のために、慌ててギャラリーでのHitoyoさんの個展「日本神話の神様たち」を観たら、かなり私の好きな世界で、あさって27日の最終日までに(明日かあさって)、再度行くつもり。そのくらい、駆け足では申し訳ない内容に感じました。
というわけで、個展のお知らせ葉書や、アートエイジのページより、東愛知新聞・田中記者の、いつもながらの素敵な記事を添付します。
この頃、偶然に驚くより、偶然が日常になっている。
🌟アートエイジでは、高校時代の長男を知ってくれている後輩ちゃんにも会えた。
🌟この後の予定でも、例えば17枚用意していったら、17枚ピッタリのひな型に当てはめることができた、とか。
「好き!」ってものに反応しながら生きるのは大切だと実感中。
 
 
 

ちゃこと渥美半島へ

【11月22日 投稿分】

今日は仕事等がんばって、写真は昨日のことです。
昨日は、埼玉から、大好きな大好きな友達(ちゃこ)が遊びに来てくれました。
ちゃこは大学時代の親友で、同じ学部、出会いは2年生の体育で選択したトランポリン(笑)、3年、4年では同じゼミでした。ちゃこはゼミ長で研究も熱心だった。
 お互いをおもうだけで涙が出ちゃうような、大切で不思議な友達。実際にお互いそれぞれ不思議が起こるし、シンクロも多々✨
お天気が心配だったけど、ちゃこが大阪から豊橋に到着する頃には晴れで、それならば、と、私のふるさと渥美半島へ。
まずは「むらかみ」で海の幸のランチを。*店主の雄一くんは妹の同級生で、雄一くんにもお母さんにもご挨拶。
その後は実家に寄り、結婚式以来、何度目かの両親にも会ってもらいました。感受性豊かなちゃこが、両親の水彩画を褒めてくれるので、母がたくさん出してきたところを撮影。ちゃこ、やさしい~~💕
ちゃこは、当時の伊良湖ビューホテル(現在は伊良湖オーシャンリゾート)での結婚式&披露宴にも来てくれたので(チャペルの写真も載せるけど、私は当時完成したばかりのそちらではなく神前式)、恋路ヶ浜やホテルにもご案内。
恋路ヶ浜は、聞いてはいたけど、台風の影響で流れ着いた流木がいっぱいで、地元出身者としては、観光客のみなさんに申し訳ないような、地元のみなさんを思っても、複雑な気持ちになりました。
昨日は波も荒かったんだけど、その浜辺でウエディングフォトの撮影をしているカップルが複数いて、びっくりやら、気の毒やら、爆笑やら・・・ 
ホテルは、経営者が変わってから初めて行ったけど、全国旅行支援の影響か、チェックイン待ちの観光客が大勢いて、でもそのおかげで、お気に入りの眺めを背景に写真が撮れました。
お互いに子どもが大きくなり、子ども不在で、道中しゃべりまくり、永遠に話せると思った(笑)
前回ちゃこが来てくれた時は菜の花の季節で、浜辺(灯台茶屋)で大あさりを食べたことを息子くんが今でも憶えていてくれて、うれしかった。
大学時代の友達は、出会った当時も今も刺激をくれて、楽しくて安らぐと同時に学ばせてもらえる。
ちゃこのことは、ずっと大好きだし、ずっとリスペクトしている。
マシュマロみたいな美肌の頃も憶えているし、お互いのぶっ飛び具合も知ってるし、今もなお(笑)
おばあちゃんになっても楽しく語り合えるように、お互い健康第一で(みなさまにおかれましても)、年を重ねていこうね💛



 
 
 
 
 
 

長男の学会の感想など

【11月20日 投稿分】

長男が京都大学での学会に参加させてもらってから1週間、先週の日曜夜にお迎えに行った時のことなどを追って書きたかったけど、いろいろあって(翌朝長男を5時に豊橋駅に送った日の仕事後の夕方から夜にかけての玄関の鍵のことやら、その後にYouTube撮影もあったし(笑))、今になりました(笑)
だいたいこの学会に出発する朝も、スーツが静岡のアパートだったりバタバタしたわけですが(過去記事参照)、帰ってきて話を聞いたら「めちゃくちゃ楽しかった‼️」とのことで、そういう声を聞くと、疲れは関係なく、うれしくなるし、我が子の話を聞きたくなる。
長男が所属するゼミは「比較ガバナンス」なんだけど(たぶん)、かわいがってもらっている「会計学」の教授のお誘いで、本来参加の大学院生のピンチヒッター的に発表までさせてもらってきた。
 何よりおもしろかったのは、夜の飲み会だったようで、全国から集まる教授や学生はだいたい大学院生で、その中で、一番の若造だった長男が、「ビールどなたですか?」「空いてるジョッキお下げしますね~」等々、せっせと動き回ったそう(笑)
高校時代に3年間飲食店でバイトし、大学1年の時は近所の人気の焼肉屋、現在は、静岡の(豊橋にもある)ホテルアソシアで宴会係をしていて(披露宴やパーティーも)、接客が大の得意。
私も元々飲食店やシェフの友達が多いけど、根っからサービス精神旺盛な人たちとプライベートで飲むと行き届いてくれるというか、ありがたい存在で、長男もお役に立てて良かったなあと思う。
3枚目は、長男自身のインスタ投稿のコラージュ(順不同)で、ちょうどその週から点灯した豊橋駅のイルミネーション(私のお友達も関わっている)を見れたのは良かったなあと思った。
ちなみに長男は、京都への往復、鈍行の予定が、行きはスーツを取りに静岡に行った関係で新幹線になったけど、帰りは鈍行で帰ってきた。
リュックを背負い、家から提げていった紙袋を持って・・・
私は大学3年の夏休みに、初めての海外でアメリカに行き、1ヶ月UCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)で過ごしたんだけど、語学クラスで一緒だったイタリアからのガブリエルくんが、かっこいいのに、バッグを持たず、いつもレジ袋にサンダルだった。長男もそんな感じで、よくガブリエルを思い出す(笑)
京都大学で、教授たちを相手に、誰にも臆することなく会話や議論をしてきたようで、帰宅直後の話がスパークしていて、頼もしかった。商業高校卒業に、誇りを持っています❣️


フードコーディネーターも好き

【11月19日 投稿分】

昨日の番外編的に。
 ふだんはそこまで映え(バエ)を気にしないけど、昨日はYouTube用のインサート写真として、映えを意識してセッティングし、撮りました。
(後から判断するために、似たような写真をいくつか)
とはいえ実は、途中来てくれて、仕事に戻らなくちゃのTさんにもシフォンケーキを食べてもらいたくて、慌ててホールから取り出し、切り分けて、解凍していたベリーミックスや、ちょうど家にあったミントを飾り、お皿の並びも急いで判断した状況。
ただ、SNS以前の、20代の頃から、料理写真を撮るのが好きだったから、我ながら自然に訓練されてると思った(笑)
まさきくん持参のコーヒーカップも良かったし、近場だからこそでもある、キャンプに(野外で)陶器は、やはり良いなあと思いました。
私のは割れてもいいや、の100均だったけど(笑)