Love the Moment

日原いずみ

オリンピックについて「今」思うこと

 

明日は東京オリンピックの開会式なので、その前に、今思うことを自分の感情や考えの整理のために書いておきます。

今回は、オリンピックを終えた時に思う気持ちも今とは違っていそうなので、今の記録。

まずは、ここ最近の、開会式直前での辞任等々の不祥事のまとめ的な今夜のNHKニュースの記事。

 

www3.nhk.or.jp

 

まずは2,015年に、2020年東京五輪の公式エンブレムをめぐる盗作疑惑問題が起こり、ロゴデザインを撤回、その後、新型コロナウイルスの問題で1年の延期となり、延期後にゴタゴタが噴出したような感じ。

しかしまさか、大会1週間前に二つも大きな辞任が起こるとは、誰も予想していなかったか、予想されていたことなのか。

私は、自分が知らないだけかもだけど、小山田圭吾さんにしても小林賢太郎さんにしても、その二人が大きな立場に就いていたことが今まで伏せられていたことにも疑問を感じる(誰がその役目でも、もう少し早く明らかにされていたら問題への対応も違っただろうに、過去の演出チーム(延期後に解散)はメンバーが明らかになっていたのに、直前で明らかになり、結果、直前で叩かれることになったことにも違和感がある)。

ここまで不祥事が重なって思うことは、

①日本の人権意識の低さ

■多様性を理想としながらも、多様性から遠い社会状況にあるため、目に見えて様々な人種が混ざり合って暮らす国と比べると、子どもの頃から身に付くような他者や違いへの最低限の配慮が養われない。そのことが国際的なイベントで露呈された。

■インターネットの発達により、過去が証拠として残り、隠し切れなくなった(国内の人が気づかないことでも海外の人が指摘できるようになった)。


東京オリンピックがうまくいかなくなるように、日本の地位や信頼のようなものが失墜するように働きかける何らかの力が作用しているのでは?

 

ということです。

②は、陰謀論の部類と言えるでしょうけど、それにしても重なり過ぎ、と思う。

もしかしたら、コロナウイルスだってって疑ってしまう。

 

元々このブログを書きたいと思った時は、小山田さんの問題に触れるつもりだった。

でもその後で、小林さんの問題が判明し、上書きされちゃったようで・・・

 

新たな衝撃に話題が古くなってしまったようだけど、小山田さんについて書かせてもらいます。

小山田圭吾は同時代で知っていて、フリッパーズギターとか渋谷系とかそういう解説は他の方の記事に任せるけど、私にとって彼は、存在を知った時からカッコイイ存在というよりは儚い、か弱い存在に見えた。

なので、最初からアウトサイダーアートを見るような感覚で、彼は、敢えて言葉にするのなら「弱者」だった。

当時、ダウンタウンの歌番組に出てきた時も、「変なやつ」的にいじられていたし、まともな会話を聴いたことも私はなかった。
同時に、自分がテレビのADだった時に、鮮明に憶えているけれど、祐天寺で帽子デザイナーを取材した時に、ショップで流れていた先端的な音楽がコーネリアスだった。(音楽がカッコよかったので、私がその帽子デザイナーにわざわざ聞いて知った)

そのデザイナーはおそらく性的マイノリティの人で、すごく繊細で、番組のディレクターと衝突し、私が彼の気持ちを聞いたりフォローしたりした。ほんの半日接した人だったけど、独創的で傷つきやすいその人が好んでいた音楽が小山田圭吾だった、ということが私に残ったし、私自身もそのCDを買って今も手元にある。

私にとっては、元フリッパーズギター小沢健二は陽の人(陽になり切ってもいないけど、王子と呼ばれていたし)、小山田圭吾は陰の人で、オザケンが太陽でもないけど、彼が金色なら、小山田圭吾は月で銀色の印象だった。

そんなわけで、前々から有名だったらしい、小山田圭吾のいじめる側の話を私は今回の騒動で初めて知り、そもそも饒舌に語るとか、武勇伝的にという姿が想像つかなくて驚いた。当時の『ロッキンオンジャパン』は買ったことないけど、『クイックジャパン』は編集者に会ったこともあるし、特集によっては買ったことがあるので空気感がわかる。しかも、クイックジャパン太田出版と言えば、小山田圭吾の問題の記事(1,995年)と同じ頃に出ていた本が『完全自殺マニュアル』(調べると1,993年7月)で、小山田のインタビューも、その頃のまさに「露悪的」なモードの中で行われたことのように感じる。

これは擁護したくて書いているのではなく、自分自身がその時代を知っているので証言的に・・・

ついでに今、「その頃じゃないかなあ」って思って調べたら、「悪魔ちゃん命名騒動」も、1,993年の8月。私はその頃、大学3年生(1,995年は社会人(AD)1年目)でした。

私は今回、27年前の記事が引っ張り出された小山田圭吾は、本人が悪いにしても、今度は小山田圭吾が大いなるいじめに遭っているようで、全体が残念でならない。

ロッキンオンジャパンも、クイックジャパンも、一部の好きな人が買う雑誌で、当然インターネットでの拡散が行われると思っての内容ではないし、うまく説明できないけど、なんか違う、って思ってしまう。それに私は小山田圭吾よりも、例えば昔のハガキを引っ張り出されたいじめられた側の方だって、今、50代になっているのに、今更昔の自分の文字をネットから見たくないと思うし、騒がれたくないと思う。

上記のように、許されない非道を働いた本人も、もしかして何らかの精神障害を持つ弱者の側だったら・・・と思ってしまうので、単純な話ではないと感じる。

多様性を認めるとか、ゆるし合うって何だろう?って思います。

小山田さんの問題に関しては、いろいろと記事や考察も読んだけど、漫画家の江川達也さんを通して知ったこの動画(初めて知った田端信太郎さん)が、私の気持ちに近いです。

*ちなみに、少し前に書いた私のブログの「東京事変『緑酒』から派生して感じるいろいろ」でも触れた通り、田端さんも当初の演出チーム(野村萬斎MIKIKO椎名林檎等)に期待していたところも同じ。

 

 

youtu.be

 

私は前も書いた通りで、東京五輪の開閉会式については、チームラボと椎名林檎にやってほしかったし、二人とも当時はまんざらでもなかったので、どんどんカッコ悪くなっていく自国開催のイベントがひたすら悲しいです。

 

昨日の投稿より。

f:id:hihararara:20210722220849j:plain


小山田さん担当分だった4分間を必死で埋めた今!だろうけど、4分間を、例えば藤井風くんに出てもらって、日本や世界の現状や、このゴチャゴチャも含めて即興でピアノを弾いてもらっても相当のレベルに仕上げてくれると思う。若くてフレッシュで、心が美しく、自然に世界平和を願うような彼に任せて欲しいと思ってしまう。

その他、今年の夏のポカリスエットのCMだってかっこいいし、椎名林檎の夫の児玉裕一さんだって、音楽、アニメ、映画、歌舞伎界にだって、すぐれたクリエイターがいっぱいいるのになあ~~

そもそも、また戻ると、①なぜ小山田圭吾だったのか ②小山田圭吾の問題を調べていなかったのか という不透明さや任命ミスがぬぐえない。
その辺り(誰がどうやって選出しているのか)が見えてこないことが残念無念。

東京五輪もコロナもどこ吹く風、って感じに、チームラボ代表の猪子さんは、昨日、サンフランシスコ のAsian Art Museumに、現代アートを中心にした新しいパビリオンができたとのことで、そのオープニング展覧会のガラパーティで、文字通り「世界を変えた」面々と<マスクなし>で写真におさまっていた。*猪子さんのfacebookに出ていた名前・・・グーグル社長ピチャイ、ヤフー創業者ジェリーヤン、YouTubeの創業者、Zoomの創業者・・・

それだけのスケール感と能力を持った日本人が確かに日本にいるのに。

また別の、投稿を追っている治療家のKen Yamamotoさんはスペイン~フランスに・・・(今日の投稿のスクリーンショット


f:id:hihararara:20210722221806p:plain

 

f:id:hihararara:20210722221914p:plain

 

上記の投稿をシェアして添えた私の文章。
<Kenさんを通して、スペインやフランスの今を見せてもらいました。ありがとうございます!!

それらの国からしたら、日本で開催されるオリンピックの不自由さがどんなふうに映るんだろう。見もしないかな(笑)
日本もこうなったらいいし、結局は国民(国民性)にかかってる気がするけどね~>

 

今回、皮肉なことに、ふだんスポーツやオリンピックに興味がない方々もゴタゴタから逆に、「東京オリンピック、俄然観たくなってきた」と言っている。

私も見届けようと思う。

アスリートは、この外野のゴチャゴチャなど関係なく、自分自身に集中してがんばっていただきたいです。

 

私は大学3年生の時、ゼミで「オリンピックの商業主義」と題して発表したり、文章にまとめたりした。スポーツと社会を絡めて書いたオリンピック批判だった。

スポーツが好きで、オリンピックに感動していたからこそ、おかしな方向へそれ以上は行ってほしくなかった。

 

今、子どもたちが、自国開催のオリンピックを純粋に楽しみにできない、誇れないことを残念に、申し訳なく思う。

ネットで散見する声、「1,964年の五輪開催時は日本のすごさを世界に知らせることができたのに、2,021年の今回は、日本のダメさ加減を世界に発信するイベントになってしまった」

「日本はもう、国際的なイベントを仕切れるような国ではない」
同感だし、恥ずかしいし、情けない。

ただ、批判するより、運営する人たちに思いやりを持ちたい。

 

招致の時は反対だったけど、やるとなったら成功してほしいと思いながら来た。

出場する選手にも、大会運営側にも、競技のコーチ陣の中にも直接の知り合いが複数います。

 

ここまで迫っての(本番での)国内での反対運動は、お客様を家に呼んでおいて、家族ゲンカや夫婦げんかをして、「私は来てほしいとは思ってなかったのに!」とお客様にも知らせてしまう行為に感じてしまう。

内のおかしさを、外に知ってもらいたい、外から指摘してもらいたい、という気持ちもよくわかるけれど、原点にかえり、アスリートファーストで、って本当に思う。


この暑い気候の中でのオリンピック。
想像と現実の乖離。想像通り、想像以上の暑さ。
泣いても笑っても時は経つわけで、安全に行われることを祈っています。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

早稲田の相撲部の記事(新潟日報)


【7月17日 夜 投稿分】

f:id:hihararara:20210722112837j:plain

f:id:hihararara:20210722112846j:plain

f:id:hihararara:20210722112856j:plain



大学同期で相撲部監督の室伏くんよりシェア!!
読んでいただきたいのは新聞記事ですが、良かったら以下を補足で😊 
この記事にはいくつかのご縁があります。
執筆したスポーツライターの小林信也さんとはお会いしたことはないけど、メールのやり取りは何度かしたことがあり、小林さんの知性や社会に開かれた視点が室伏監督と合うような気がして、ぶしつけに室伏くんについて、アピールしたことがありました(笑)
同時に室伏くんにも、小林さんについて伝えていました。
※ちなみに小林さんに最初にメールしたきっかけは、2年前のMGC(東京オリンピックのマラソン代表を決めるレース)の後のテレビ出演時に小林さんが語っていた暑い時期のマラソンへの危惧に共感したからです。個人的に知る鈴木亜由子選手が代表に選ばれながらも、過酷な男女のレースに複雑な思いがし(当時は8月の東京での本番の予定だったため)、テレビという場で的確に表現してくれた小林さんを応援したいと思いました。
こういう直感はだいたい当たるんだけど、室伏くんと小林さんは絶対に合うし、いずれ会うだろうな、と思っていたら、新潟での相撲関係の式典的な場で同席し(大きな会場だったけど、席次表で気づいて)、室伏くんが小林さんにお声をかけたのでした。
小林さんは新潟出身、その年に室伏くんの勧誘で早稲田への入学を決めた記事の栗田くんも新潟出身。
さらに私の長男も一時は早稲田に憧れて、栗田くん同様、自己推薦入試を受けたけど、記事にも書かれているような栗田くんの実績を知り、このレベルにはかなわないよなあ〜と思ったのでした。
そんなわけで、室伏くんを通し、長男と同じ年にあたる栗田くんのことは、私も入学前から知っていました(笑)
私にとってのさまざまなご縁の積み重なりもうれしかったけど、何よりも、室伏監督や部員さんたちの日頃のがんばりが、小林さんならではの多角的な視点を盛り込んだ記事に結実していて感動しました✨✨







久しぶりの投稿です。
スポーツライターの小林信也さんが御出身である新潟県の媒体「新潟日報」に海洋高校出身スポーツ科学部2年の栗田裕有を取り上げて頂きました!
高校から早稲田の入学に至るまで、そして現在の様子までを小林さんに記事にして頂きました。栗田の恩師である新潟県立海洋高校 田海総監督からご連絡があり、データを送って頂いたところでした。田海先生、小林さん、素晴らしい記事をありがとうございました!
いよいよ来週末、今季初めての試合です!
無観客ですが、皆さんの期待に応えられるよう頑張ります‼️なかなか会えなくても、がんばってる方々のことは、遠隔で応援しています\(^o^)/


スイカの丸向き動画


7月17日 投稿分


 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Kojiro Watanabe (@bloodyhip)

www.instagram.com



ふと出てきた、コレおもしろい。
イカの丸むき(笑)
やったことないから、お見事なのと、
娘ちゃんが「うちのスイカのむき方違うくない?」と話すのと、動じないお母さん(古田新太に似てるw)と、撮影者がダンナさん(キレイ系の奥さん自慢じゃない)、お母さんのスイカを食べる時の速度など、いくつかのポイントが、じわじわ来る(笑)



窓口の簡単な情報として 


🌟記事がたまり過ぎているので、すべての写真を反映せずにコピーします。

【7月16日 投稿分】

明確な理由があって、パンとカフェ公園通りに行きました。※理由は書いていいかわからないので、とりあえず書かず。施設と関係ないことです😊
2回目くらいのモーニング。
福祉施設の方が働いています。
初めて周辺を歩いて、聞いていたいろいろな学園や寮がここに集結してるのを実感として知りました。友達のお子さんも通ったり、どうにも育児が辛かったお母さんが一時的に乳児を預かってもらった話をリアルに聞いたこともある。
調べてはないけど、
事業方針の看板にあるように、困っている人が、家庭の事情を相談して、時には助けてもらうことができたらいいね、と思う。
私も今は子どもが大きくなったし、親の介護も今は困ってないけど、育児が最もたいへんだった時は夫との仲も最悪で、双方の実家にも頼れなかったし、市の悩み相談に電話したこともあった。子育てじゃなくて当時は夫に困っていた(笑)子煩悩だったし、よくやってはくれてたのに。
悩み相談の電話に救われたことは申し訳ないけどなくて、歯を食いしばり、ここまで来た。
だから、悩む人の気持ちもわかるし、例えばSNSでは素敵に見えるパパママからの相談も複数もらってるよ。
生きるって、楽しいばかりじゃないから、助けてもらえるかも、の窓口の情報は多い方が良いので、近くの幸公園の写真とともに載せます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
+6件
 
 



紹介したい音楽二つ



🌟また投稿がたまっています!
 
【7月15日 夜投稿分】

最近、毎日聴いている2曲。
その①
私と音楽の趣味が重なる方は、きっと知ってるかな(YouTubeで自動的に出てきて知った)。
この曲の空気感は、私の東京生活6年半の最後の1年の、やたらアートに傾いた時期を思い出させる。最初に聴いた時は泣けてきた。
映像の終わり頃の夜明けの空は、東北沢のアパートの屋上から眺めた空にも似ていて、確かにもがいていた、今や25年も前の自分の心情がありありとよみがえる。
私にはそんな風景だけど、
何かが心の琴線に触れる音やリズムや歌声。
 
 

youtu.be

 

 

その②

田島貴男さんの「接吻」は、本人含めていろいろなヴァージョンがあるけど、いちばん好きかもの、圧巻のギター(歌やハーモニーも良いけど、ギターがまばゆい)。
クライマックスの金色の音色はまさに快楽✨
知らない方もいるかもなので添えると、長岡亮介さんは、東京事変のギターの浮雲さん☁
 
 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山尾さんの質問動画



7月15日 投稿分

youtu.be




山尾さん、グッジョブ‼️
ずっと、飲食店保護の方向で、都や国のおかしさを指摘し続け、一つの成果にすぐにつながった。
山尾さんが国会議員を辞める(次の選挙に出ない)のは残念だけど、辞めたくなるのも、見てきてわかる。
いろいろがおかし過ぎて(コロナの対策も対応もワクチンもオリンピックも)、従うことに慣れてしまってもいるけど、どこからどうしたらいいかわからなくても、抗う気持ちは持っていたい。
コロナに限らず、誰かが何かを起こさなければ、世界は平和なはずだと思いませんか?
人々の、「ただ生きて死ぬ」をじゃましないでほしい。
私は、カマたくさん(店を開けてるゲイの方)も相変わらず追ってます。
 
 
 
 
 
 
 
 

次男の保護者会


【7月14日 投稿分】

小中高
すべてで迷う
保護者会😆
今日は、次男の高校の保護者会でした。
元々方向音痴だし、地図が読めないので(校内程度でも)、今まで一発で教室にたどり着けたことがなく、たいてい学校内で「ここはどこ⁉️ 今何階❓」と焦っている(笑)
次男は、高2、理系の物理(化学は必須)、地理選択。
ド文系の私にはまっったく未知‼️‼️
私と真逆で、数学と物理が得意。
私は進学校で必死だったけど、次男は部活も遅くまでやり、クールにこなしてる印象。
理系の物理選択は、自分の高校時代には、教室の位置関係もあって、いちばん遠い存在だった。そんな男子を息子として育てていることがおもしろい。
私の高2の志望校は、東京外国語大学ビルマ語学科やウルドゥー語ヒンディー語学科だった(笑)どうしても東京に行きたくて、当初は経済的に国公立しか無理で、外国語に興味がありつつ、英米やフランス語、スペイン語だと手が届かなかったから。
同時に、高校生の間に甲子園に高校野球を観に行きたくて、こっそりやっていたバイト代で行ったのも高2の夏(東邦・山田、上宮・元木の時代←私たちの1学年上)。
渥美半島から「豊橋」に行きたくて、親に交通費を負担してもらうのが申し訳なくて、毎朝弁当を作り、遊ぶお金はバイト代から出していた。
保護者会をきっかけに、次男とそんな話ができて良かった😊
写真は、高校までの道でハッとするような赤い花に出会い、梶井基次郎の『檸檬』の中の、「カンナ」の赤を連想した瞬間。
〈〜時とするとびっくりさせるような向日葵があったりカンナが咲いていたりする〜〉の部分。
いいなあ〜の中庭と、よくある待ち時間の目の前の風景(笑)
長男の高2の夏は中国やバイトだった。
次男も、有意義な夏休みになりますように🌺