Love the Moment

日原いずみ

酒井シェフ・映画二本の思い出

【6月13日 投稿分】

🌟中京テレビに出ていた酒井シェフ
酒井さん、お知らせに気づいた時は必ずいろいろ見てるよ!
🌟何日か前に引っ張り出して読んでいた映画「スラムドッグ$ミリオネア」のパンフレット。*facebookはトップの5枚の末尾に監督のインタビュー記事を
 前も書いたけど、この映画は観終えて、映画館から自宅に帰るまでの間、ずーーっと涙があふれ続けていた。
「生きろ!」というメッセージを感じ、日本公開は2009年だけど、子どもが小さかったこともあり、感動?衝撃を受けた。
その頃の息子らは7歳と5歳だったのに、DVDを借りてきて見せた記憶があり、長男は意外に憶えていて、その後自分でもしっかり見てくれた。
🌟そのついでに引っ張り出した「何者」のパンフレット。
「何者」も、映画館から自宅まで泣きながら帰った(笑)
それは感動ってより、原作者朝井リョウも映画監督三浦大輔も両方早稲田大学の出身で、映画の空気感も早稲田で、あーー、男だったらこのくらいの作品つくりたかった!って思った。
もちろん女でもやれる人はやれるけど、私の第一は子育てに注いで悔いなしだけど、感動や感銘と同時の何とも言えない気持ちになった。
ダニー・ボイル監督は、「トレインスポッティング」も好きだったけど、「スラムドッグ$ミリオネア」の、主人公がクイズを出されて過去の体験を回想する場面を思い出すだけで涙が出てくる。
私も、ああ、あの体験はココにつながるのね、ということの連続なので、たいへんなことや苦労も、後から幸せにつながると信じています。