Love the Moment

日原いずみ

ほおずきサロン12と図書館

 

6月23日投稿分

 

f:id:hihararara:20200718132532j:plain

 

f:id:hihararara:20200627094102j:plain

f:id:hihararara:20200627094114j:plain

f:id:hihararara:20200627094124j:plain

f:id:hihararara:20200627094136j:plain

f:id:hihararara:20200627094148j:plain

f:id:hihararara:20200627094159j:plain

f:id:hihararara:20200627094209j:plain

 

遅くなったけど、今日掲載の
「ほおずきサロン💗
カラーのデータは、いただいたらまた載せちゃう。
新聞の撮影はけっこう難しくて、今日は朝陽で撮れず、灯りの下だと影ができ、いつもより読みにくいです。

 

今日は午前中mixs.に出かけ、バタバタ所用を済ませ、図書館での「内山金子とその時代展」最終日に滑り込み。

※金子(きんこ)さんのお顔の反射を避けたら、タイトルぜんぶ反射(笑)

 

これに行こうと思ったのは、完全にfacebookに投稿していた複数の方々のおかげです。

その昔の女子校時代の豊橋東高校の教えがいいなあと思ったり、前も書いたけど、息子たちが通った曙幼稚園(古関裕而さんが園歌を作曲)で、長男の時にはお会いできた園長先生(女性)の言葉を読めたのも良かった。

 

古関さんと金子さんのお手紙のやり取りを興味深く見つつも(「エール」で描かれるような二人のキャラは確かにあったんだなあ)、いつもこういう展示で思うけど、亡き本人たちは嫌だろうなあと(笑)

 

久しぶりの図書館で、元々買おうと思っていた太宰治の「グッド・バイ」収蔵の本と、明日から図書館は整理期間のためお休みらしく、それならと適当に借りた本。

 

「グッド・バイ」は、いちばん新しそうな本は貸し出し中で、閉架書庫でお願いした一冊が「大きな文字だから」と司書さんが気を効かせて文庫も紹介してくれた。
例えば単行本と文庫では文字組みが変わり、読んだ印象も違ってくるため、出会い方ってけっこう重要。
司書さんのお心遣いがうれしく、そんな観点からもお礼をお伝えした。せっかくだから両方借りた。

文庫には解説もあるし、大きい文字の方には、文庫にはない「家庭の幸福」がある。太宰が書いた「家庭の幸福」とは⁉️(笑)

 

「グッド・バイ」は絶筆です。未完。
朝日新聞連載中に入水。

 

豊橋の図書館は、緑が多くて企画も司書さんも良くて、とってもいいけど、何かが惜しい。
でもいつも、何が惜しいかはわからない(笑)