Love the Moment

日原いずみ

びわと小説『妊娠カレンダー』

【6月11日 投稿分】びわは好きでも嫌いでもなくて、買ってまで食べたいとは思わないけど、近所のスーパーで、形は良くないけど安いものが売っていたから買って、数年ぶりに食べた。 びわ、と言えば、小川洋子さんの芥川賞受賞作「妊娠カレンダー」を思い…

お友達の書の装丁

【6月8日 投稿分②】 この本の表紙の書は、なんと、お友達のひろえちゃん そうです、はづグループ取締役で若女将の麗しき姫 2003年、教育出版発行のシリーズで、今朝何気なく見て、ひろえちゃんだと気がつきました\(^o^)/ 次男が高校の国語で「山月記」を…

ベジカフェロータス ~ 中谷美紀さんの本

【5月18日 投稿分】 今日の午前中は、mixs.の後に、ベジカフェ・ロータスで、二橋まきちゃんとお茶 まきちゃんに会って報告したいことが重なっていたので。私はお世話になった方へは折を見て必ず報告をしています。 どちらかと言うと、自分が誰かのお世話…

お雑煮 ~ バイク ~ 本 

1月2日 投稿分 長男、昼過ぎにバイクで静岡に帰り、無事に着いて、今はたぶんバイト中 写真はお昼に出した、実家でついたお餅や実家の畑の白菜やにんじん入りのお雑煮。 仕上げに各々鰹節や海苔を入れるけど、この海苔のでかさは長男が横着なので(笑) 焼き…

デッドライン 千葉雅也

10月22日 投稿分 毎日、いろいろな種類の文章を書いて、 届けたり、やり取りして、 毎日、感動している。 泣いている。 そんな日々の中、次男の国語の課題の読書感想文の本を親子で買いに行ったけど在庫がなくて(20冊の中から選べるけど、次男の希望の本…

西川幸孝さん

8月31日 投稿分 今日は、西川幸孝さんにお会いしました。 西川さんは様々な肩書をお持ちなので、ご著書のプロフィールをご覧ください。 豊橋市民のみなさまには是非読んでいただきたい、現市長のユニチカ跡地の問題についての西川さんの記事を添付します(…

ほおずきサロン12と図書館

6月23日投稿分 遅くなったけど、今日掲載の「ほおずきサロン」カラーのデータは、いただいたらまた載せちゃう。新聞の撮影はけっこう難しくて、今日は朝陽で撮れず、灯りの下だと影ができ、いつもより読みにくいです。 今日は午前中mixs.に出かけ、バタバタ…

私にとっての殿堂本のご紹介 

本やご飯や昔の写真のバトンは、お相手関係なく、すべて断っていてすみません‼️ (ブログ用説明・・・facebookで、おうち時間用なのか、本やご飯や昔写真を紹介するバトンやリレーが回っているんです。私はそういうのが実のところ泣けるくらい苦手)毎日のよ…

「覚え違いタイトル集」

togetter.com 1月22日シェア 昨日、漫画家の江川さんから知り、爆笑してシェアしたつもりができてなかった(笑) 大もとの福井県立図書館のサイトも見たけど、まずはこちらから😆 地元の図書館も、だいたいのぼんやりタイトルには対応してくれるよ。ありが…

息子の親友

1月13日 投稿分 一つ前のお知らせもぜひご覧ください。 昨夜の話 長男の彼女や友達が我が家に来る時はたいてい遠慮して顔を出さないけど、たまにどれだけ嫌がられたとしても一目見たい、会いたいと思うような友達がいて、昨夜はそんなTくんが突然来てくれ…

グランマ魔法学校開校式☆

【1月10日 投稿分】 *また未転載分がたまっております・・・ 様々な場面で組んで、様々な「こころみ」や「たくらみ」を実現してきた「ちょもちゃん」の【グランマ魔法学校】の決起集会?開校式?にお招きいただきましたとりあえず、ちょもちゃんだけタグ付…

それでも、母になる  生理のない私に子どもができて考えた家族のこと

11月13日 投稿分 著者のるりかちゃんから届きました。 本の出版は知っていたけど、実物を手にしてみると、想像以上に感慨深い。 昔々のブログで、「菜の花みたいな女の子」というタイトルで、るりかちゃんについて書かせてもらったことがあります。 当時…

古事記より

朝から人様の投稿を通してYouTubeで大宮エリーのラジオを聴き、それとは別の投稿で、数年前に亡くなった女優の深浦加奈子さんと湯山玲子さんは小学校からの親友だったんだ、と湯山さんの過去の追悼文に泣き、今は家事の合間というか、他にやらなくちゃが山積…

『M 愛すべき人がいて』 に関して書いたいろいろ

あまりにいろいろが忙しくて、ただ、長男のAO入試の書類は今朝無事に発送できたので、とりあえず、過去の投稿分で転載していなかった分を載せていきます(8月20日)。 浜崎あゆみさんの、事実に基づいて書かれた『M 愛すべき人がいて』についてfacebookと…

タイミング!(笑)

このタイミングで、予約の本来た(笑) 「マチネの終わりに」は、流行った頃は斜に構えてて、映画化の福山雅治&石田ゆり子に反応して読みたくなり(笑) ざっくり見て良かったら買う。 「四つの嘘」は、永作博美や寺島しのぶでのドラマが好きで、当時原作も読ん…